Img_4677b10ad16e00d87e298362da88c61f
今月の誕生石はオパール
幅広く人気のある石ですよね

職人がオパールの指輪を製作しました
Twitterからのコピーですがどうぞご覧ください



Img_37596f85f970e7fe032f997821f63ba3


すっかり更新が遅くなってしまいました
あっという間に寒い季節がやってきましたね
いかがお過ごしでしょうか


先月横浜の宝飾展に行った際に見つけた真珠です
なんのことはない、ゴールド系の白蝶真珠
ではありません(^^)
白蝶真珠といえば南洋真珠と呼ばれ
ミャンマーやオーストラリアなどが有名な産地ですが
こちらは日本の奄美で養殖されたものです

少しグリーンの入った落ち着いたゴールドがとても美しいです
光沢もあまりギラギラせず、絹のようなやさしい輝きです

大きいもの小さいものたくさん見せていただきました
大胆にも半分にカットしたものも陳列されていました
核の大きさは4mm、たいへん巻きの厚い真珠です
傷の少なさに驚きました

14㎜アップの球形はさすがにびっくりするようなお値段ですが
写真はちょっとこぶりの9㎜くらいです
まん丸に見えますか?
実はコレ、ラウンドではなくセミラウンドなのです
少し変形のとてもお求めやすいロットから選んできました
我ながらグッドチョイス☆
わずか~におにぎり型ですが、ペンダントトップにしたら素敵だろうなと思います
店頭に置いてありますのでよかったら見に来てくださいね





Img_19f63392ae2a84448a7111aa7e5e19b0


ゴールド系とシルバー系の淡水真珠
写真ではわかりにくいですがわりと大粒です
8㎜~9㎜くらいかな
楕円のシェイプがスッとエレガントです
長いネックレスにしたらかっこよさそうです







Img_89b19015551f47ad0f581cd8bc48b817
Img_fbaf18e59c946cffb6931ec7e6c54024
Img_88501cc6675c39284ba25f1b27443156


こちらはなんでしょう
真珠と篩(ふるい)です

銀座の東京真珠さまにて真珠の選別と連組の講習を受けてまいりました
今年の春に浜揚げされて、入札を経てきたピカピカの真珠です
きれいですよー!!

8㎜‐8.5㎜のサイズの珠をさらに4段階にふるいます
そして大きいものを中心にネックレスを組んでいきます

まずは選別
北側に大きな窓の張られた部屋の窓辺に座り、色や連相をそろえていきます
同じように見えますがピンクが強いものグリーンが強いものそれぞれなのです
あれやこれや苦労しながら1本分の真珠を選り分けました



Img_30e1bd60f360b5d9772b779458ba5c01
Img_d800e5432ddf83a4bd67a32c7c1e9033
Img_924a11e039f3943b94647855ecd9cc1d


真珠がそろいましたらネックレスに仕立てます
得意な作業ですが、いろいろな職人さんの技術を知りたいと考えています

糸の選び方、道具の使い方、糸の結び方、仕上げ、どれに対しても
幾通りもの方法があります

新品の連から作ることもあれば、切れたものを直すこともあり
長いもの短いもの、珠の大きいもの小さいもの、穴の大小
金具のあるものないものと
ネックレス製作と一言でいってもそのケースはさまざまです

どんなご相談にもお応えできるように
なるべくたくさんの技術を身につけるよう心がけています


さて、
老舗の技はすごかった!
ゴールの形は同じでも、その過程はいろいろなのですが
目から鱗の道具使いや、細かいテクニックにさすがだなあと感心することばかり
本当に勉強になりました
ありがとうございました


私を含む参加者の完成品ご覧ください
色の違い、おわかりになりますでしょうか
同じロットから選んだと思えないですね
選ぶ人の好みもあるのだそうですが
赤がよく出ているもの、白やグリーンが強いもの、その中間のピンクなど
真珠の色の多様さが伝われば幸いです
三人三様ですが、それぞれの色合いとテリは見事に揃っています

真珠検定真珠SA(シニアアドバイザー)限定の特別な講習会でした
プロの仕事、いかがですか?







Img_4442858080f40066e4490c8bb45e9379
Img_2a27d262b0393d4cb16651c98ba18c4f


こちらは半年ばかり前に作ったピアスです
しばらくヨソに預けてあったものが戻ってまいりました

珍しいカットのペリドットと大粒の白蝶バロック真珠を
あこや真珠のケシでつなぎ
周囲にはナチュラルカラーのメレダイヤをあしらいました←きれいですよ☆
素材はプラチナです
白蝶真珠を同じような形でそろえるのが難儀でした~

完成したのは4月の下旬頃
「薫風」というタイトルが一応ついています(^-^;
川上澄生の版画「はつなつの風」が好きなのでそのイメージでデザインしました
職人の森がとても美しく仕上げてくれました
こちらも店頭に飾ってあります
もう冬ですけど~~~((+_+))

真珠いろいろでした♪














こちらは私物の石ころです(^^♪
お店に飾ってあります



Lovin' them #mineral #minerals #colors #gemstones

moribijoux_bfdfさん(@moribijoux_bfdf)がシェアした投稿 -


Img_96f7a00dc47e197ccedc4aefa18b3bc3


今年も半分が過ぎました
ムシムシ暑い日が続きますね
みまさまいかがお過ごしでしょうか?


先日納品いたしました青い石のリングです
使わなくなったジュエリーでお作り直ししたものです
涼しげですね(^^♪
作っているヒト、場所はものすごく暑いのですが( ;∀;)
火はボーボー、糸ノコギコギコ汗だくです
しかしその甲斐あってよい仕上がりになりました







Img_31f1bae22dbc1a0ad0a37138c577bb11
Img_417015efd1c85ad6feef336e790a45f7
Img_e6c9f4517b24f5c7701bd5a7888f13d2



こんな感じから始まっています
小さな石を外すのに時間がかかりました
いい仕事しているなあ、外れないよー!

きれいに留まっているのを分解する作業はちょっと胸が痛いです
かつて作った人へ敬意を払いつつ、素敵に生まれ変わってもらいます

これがまたいつか違う職人さんの手で違うものになるかもしれないし
または「代々大切にとっておこう♪」
ということになれば
数百年後にはアンティークとしてもしかしたら高値で取引される…
どこぞの美術館に飾られる…
なんていうこともあり得るのです

簡単に壊れたりしてはそうはいきません
しっかり作りこんでの、楽しい妄想ですね
持ち主の方にはどうぞトイレに流してしまったりなさらぬようお願い申し上げます





Img_21ca426d643cfa87b0ac2695ecd48367


こちらも青い石の指輪です
爪で止まっているタイプ(左)からフセコミのデザインへ(右)

すっきりして使いやすくなりましたね
300年くらい大事にしてください☆





Img_ae3e4d72563c00268a7bcb655820fba2
Img_63445278f4b168a635f80ce7f19f3eb6
Img_47fd48a48869cf488273602bf11a0d8c


(左)先月さつき祭りに行った際に訪れた川上澄生美術館

とてもよい企画展でした
ちょうどこの時に渡辺勲さんという版画家の方が個展をされていました
豆本、蔵書票、マッチ箱
小さくてユニークな作品がたくさん並んでいます
楽しく拝見していたらなんとご本人が在館されておりました!
作者に直接作品の説明をしていただける幸運に恵まれるという(^^)
素晴らしいご縁で、のちに渡辺さんの豆本教室に参加することになるのでした




(中)タダ券を頂戴し出かけてきた美術展

いえいえ、谷中安規の版画が出展しているので
自腹でも行っていました(たぶん)
野暮なコメントなどつけずにいましょう
好きなものはただ好きなのです



(右)日本橋三越のパール展でいただいたクリアファイル

英国王室のパール展、ちょうど商談(笑)で出かける日と開催が重なっておりました
仕入れを済ませ商談を済ませ急いで会場へ~♪
先着10名にクリアファイルをプレゼントという10名の枠にも入ってしまいました
いいことが続きます(^^)
主催の 森パール 藤井様 本当にありがとうございました
穐葉アンティークミュージアムの穐葉館長のお話を伺いながら会場を回り
最後に美術品の域の真珠、どのようにメンテナンスをするのか尋ねてきました
展示品が現在身に着けられることはないので汗などの付着の心配はありませんが
やはり真珠のお手入れは「拭く」が一番だそうですよ
基本的なことですが、使ったら拭きましょう(^^♪
あとは保管の環境ですね
日に当てず、乾燥しすぎず、適度な湿気も必要です





Img_192f3704611cc3b9a06e53c34ef28a71
Img_175647c1a5d7610f16d227f4c69635bb
Img_d55f1b50ba20aa69bdfdc9a4771c677a

(左)版画家 渡辺勲さんの作品
(中)渡辺勲さんの豆本教室にて
(右)友人が仕上げた豆本

駆け足で6月を振り返っています
先月のさつき祭りからおよそ一か月経ち、友人とともに豆本作りをしてきました

もともと友人K女は武井武雄のファンで
岡谷市のイルフ童画館にも連れて行ってもらったことがあります
武井氏の刊本作品、言葉がありません
物語の創作、作画、装丁製本すべて自分の手で成すのです
究極の手作りですよね

ワタクシも中学の美術で同じことをやったことがあります
まったくまったく稚拙です(^_^;)
装丁はまあいいとして
物語の内容は青くて恥ずかしい中三でしたが中二っぽいものとうっすら記憶していますので
本そのものは行方不明になってよかったーという気持ちですが
作り上げたときの喜びをよく覚えています
美術は好きでなかったのですけれども

その後大きくなってから再度製本の勉強をしたことがあり
さらにそれから年月が経った今年
思うことあって久しぶりに当時の教材を引っ張り出して眺めていたのです

なにか、天の啓示かな
楽しい偶然が次から次へとつながったらそれは必然になるのですね
そしてまた自然につながるだけでなく、自分でつなげていくことも大切
「人生はエディタシップの連続です」
と学生時代、よくいっていた先生がいたっけな








Img_dbdcef2ad8a731144676f6d8a6d55118



ごぶさたしております
暖かくなったかなと思うと、また気温が下がる、を繰り返す日々
そろそろ冬に飽きました~
寒いの苦手です

路地の奥で梅が咲いていますが風は冷たく
まだ冬将軍のほうが優勢でしょうか
なのに花粉が飛んでいて鼻はムズムズするし目はかゆい
寒いのに花粉アレルギーの症状がでると、非常に損をした気持ちになりますね
寒さで心が狭くなってます(^_^;)
いかんいかん
ひなたに出て、太陽の温もりをできるだけ感じることにしましょう


2月も末日
月に一度は更新したい作業日誌ですが
バタバタと過ごしているうちにいつもぎりぎりになってしまいます

先月から今月にかけて外出をする機会が多く
寒い寒いと震えながらコタツからと這い出し
あちこち行ってまいりました


先月末に出かけた国際宝飾展
写真はなにやら楽しそうなルビーのカービング
ジャイプールからやってきた石屋さんにありました
笑う三人組、離れ離れにするのもなんですのでまとめて連れてきました~(^^♪




Img_40cbd213de0d4133cf83cfb1a64c7e4c
Img_f0d7b7e03b44505c9b493811b0e8bf60
Img_1d74a72a71e8f116b6b9c2262812c06d


黒蝶真珠のネックレスや白蝶ゴールデンパールリングのご注文があり
会場を走り回って探してまいりました(^^)←大袈裟ダナ
とても素敵な連や珠です
黒蝶真珠の複雑な輝き、いかがでしょう?

白蝶真珠のバロックを見ているときに面白いピースがありました
ねずみ?ぐりとぐらみたいで可愛らしいではありませんか←逸脱デス
こういうのは同じものふたつとないのです
気に入ってくれる人がみつかるまでお店で飼っております☆

Img_5747e437b775f7d38ebefcc4da9a1081
Img_84223e5becfa11c3f03cfb2b5fee3a7d
Img_493e3311e2f17e5f8c93e11e5f944cab
森の仕事ご紹介
このごろカスタムメイドのご注文が増えています
ひとつひとつ丁寧に製作していますので
納品までにお時間をいただいております
何卒ご理解のほどお願い申し上げます


真珠の糸替えのご依頼も、春が近いからか増えています♪
卒業式や入学式のシーズンですものね
先月・今月と2か月にわたり専門講座を受け
真珠のクリーニングとメンテナンス技術をさらにさらに磨きました
生まれ変わったように輝きを取り戻した真珠には感動します

真珠光沢の生まれるメカニズムをきちんと理解していれば
クリーニングやメンテナンスの方法を正しくご提案できますので☆




Img_31051117a92a626119ce2b3b7713c6a0

『のだめカンタービレ』でおなじみの二ノ宮知子さんのサインいただきました
お店に飾ってあります
こちらは現在連載中の『七つ屋志のぶの宝石匣』
質屋さんが舞台になっている物語で、宝石のエピソードがたくさんでてきます
ぜひぜひ読んでみてくださいね